Business CommunicationLife PurposeUncategorized

退社時に贈られる最高の言葉

退社時に贈られる最高の言葉

The Number One Best Thing To Hear When You Leave A Job

 

仕事をやめるとき、または一時解雇やクビ(この言葉がまだ使われてるとしたら)になったとき、みんなからこんな風に言われるはずです。

 

「あなたがいなくなると寂しくなるわ」

 

あるいは、

 

「君がいなくなるとこの職場は変わってしまうな」

 

Unsubscribeあなたが物凄くイヤなやつではないという前提の上での話ですが。

 

たとえ嫌われ者であったとしても、一応社交辞令で[そしてさっさと追い出してしまうために]、上記のようなセリフを聞くことでしょう。

 

私自身が職場を去ることになったときも、どちらのセリフも言ってもらいました。「契約が更新されなかった」ところでさえも。

 

こう言ってもらえると悪い気はしないものですが、誰でも言ってもらえるさようならの挨拶がわりなのです。要は、社交辞令です。

 

また、こんな風に言ってもらえたら尚うれしいですね。

 

「素晴らしい退職手当が出ますよ」

 

現金、それも多額の現金をもらえたら、他の仕事に移るための軍資金にもなります。

 

でも、何よりもうれしい最高の言葉は、こうです。

 

「君の代わりはいない」

 

 私が転職するとき、最初の三つのセリフは言われたことがありますが、「君の代わりはいない」とは必ずしも言ってもらえませんでした。

 

コンサルティングや企業幹部のコーチングの仕事を何年かやってきて思うのは、「君の代わりはいない」というのが最後に贈られる最高の言葉だということです。

 

理由ですか? それは、あなたにしかできない貢献をしてきたことを皆が認めてくれたことの証だからです。他の誰にも与えることのできない価値をあなたが供給したことを意味します。つまりあなたは自分の強みを認識して、業務にあなたにしかできない能力を発揮したということです。

 

スポーツの世界では、何かで「一番」になることで、容易に認識できるでしょう。ジャッキー・ロビンソン選手や野茂英雄投手、ジェレミー・リン選手、ビジネス界やショー・ビジネスの世界では、スティーブ・ジョブスやウーピー・ゴールドバーグ、ドラマ「ザ・ソプラノズ」の主人公などがいい例です。

 

でも私の顧客の中にも、そういう人がたくさんいました。日本の二つのホテルチェーンを一つにまとめた方や、ある高級ブランドを立ち上げた方。ベンチャー・キャピタル企業を2,3か月で辞めて、新規事業を始めた私の教え子。私のパートナーである大橋人士氏もそのような人たちの中のひとりです。彼の写真の作品のみならず、その眼識と人格を愛するファンが大勢います。

 

あなたもそのひとりになれるかもしれません。そんなに大変なことではないのです。それには、少しの勇気を持って何かを始める必要があります。それから所属している組織のニーズを探り当て、ためらうことなくそのニーズに寄与する働きをしなければなりません。

 

自分自身と組織に対する夢を持たなければなりません。自分の会社の戦略の弱いところを見つけ、どこに価値を付加できるか判断できるようにならなければいけないのです。

 

何か例外的なことをしなければなりません。言い訳は禁物です。自分の夢が導く方向へ進むのみです。

 

どんな結果が待っているでしょうか? 大きな変化をもたらしたという満足感が待っているでしょう。

images-4

あなたの遺産の一部となるであろう足跡を残すことになります。

 

そうなれば、職場を去るときに贈られるどんな言葉よりも素晴らしいご褒美となるでしょう。

 

でも、もし「君の代わりはいない」と言ってもらえたなら、生涯配当金がもらえる年金をもらったのと同じぐらいの大きな価値があるのではないでしょうか。

 

標準
Business CommunicationUncategorized

What Are You Doing To Make Work Fun : 楽しく仕事をしてもらうための方策は?

仕事は真剣に取り組むべきであるという概念を打ち破るのは、難しいことです。

どこかのオフィスビルには、まるで「楽しむこと厳禁」という張り紙でも掲げられているのではないかと思ってしまいます。あるいは、「笑ったものは即懲戒処分に処す」という張り紙でも貼ってありそうです。

s9446_nofunallowedhere_red_crm__76094-1349726488-600-600

私は、職場に笑い声が響いているのが大好きです。お腹を抱えて笑っている人を見るのなど最高です。

ある顧客は、重要業績目標や歯磨き粉の販売キャンペーンについて話すとき、まるで外科医がトリプルバイパス手術について話しているかのような深刻さで話すのです。地下鉄に乗っている通勤客などは、強制収容所に向かっているかのようです。考えてもみてください。四六時中、そんなに真剣である必要があるでしょうか?

私は、社内に「お楽しみゾーン」を設けたらいいのではないかと思っています。いっそのこと、全社を「お楽しみゾーン」にしてしまったらいいのではないでしょうか?

仕事で費やす時間はとても長いのですから、楽しんだ方がいいでしょう? 生産性は落ちないと誓います。むしろ、上がると誓ってもいいです。

それでは、一体どうしたら良いでしょう?

まず、皆を驚かすことから始めましょう。会議のテーブルの上に、何か食べ物を置いてみるのです。食べる事が嫌いな人はいないはずですし、みんなリラックスすること請け合いです。

グーグルが社員に無料で食事を提供するのにはちゃんと理由があるのです。ある同僚がケーキを1台差し入れてくれたことがあったのですが、他の教授らのびっくりした顔は忘れることができません。ケーキがハワイへの往復航空運賃代ぐらいしたのか、ぐらいの驚きようでした。

unknown-1

カジュアル・フライデーやカジュアル・ドレス・デーなどを設けている企業は多いですね。それなら、ドレスアップ・フライデーというのがあってもいいんじゃないですか?

このようなものも、それなりに効果はありますが、日常的にもっと楽しんでもらいたいなら、一連の規則を思い切って無くしてしまいましょう。

「それは規則違反だから」という言葉ほど、楽しみを台無しにしてしまう言葉はないからです。分厚いルールブックほど、人々の幸せに水をさすものはありません。

職場での行動はどうあるべきかについて、ルールブックの型にはまった考え方をしてはいけません。

従業員にもっと自由を与えてごらんなさい。そうすれば、従業員はもっと楽しく働いてくれるはずです。競争会社に引き抜かれることもなくなるでしょう。従業員からも顧客からも愛されているサウスウェスト航空やザッポスの例を思い出してください。

私が仕事をしたことのあるクライアントの一人は、職場で私的な電話をかけたり個人的なeメールをチェックしたりする従業員を処罰していました。彼は、その従業員の人事ファイルに、この違反行為を記した文書を貼り付けました。まるで子供を扱ってるみたいじゃないですか! それなのに彼は、従業員にもっと職場で楽しんでほしいと私に相談してくるのです。そして、クリエイティビティ・コンサルタントを雇いたいとも。

roppongi-breakfastjpeg-013

「お金の無駄遣いですからおやめなさい」と私は彼に言いました。

毎日、職場で楽しむことを目標にしましょう。

今日も明日も。毎日です。是非やってみてください。

(挿絵の英文訳: 上:楽しむこと厳禁、中:ドレスアップ・フライデー、下: 是非やってみてください)

標準