Uncategorized

成功の秘策 Today’s Blog In Japanese

成功の秘策

Unknown-4 copy私は、来日前、ロサンジェルスに住んでいましたので、「また連絡しますよ」と人に言われたら、それがどういうことを意味しているのか、よくわかっています。残念ながら、それが全く何の意味も持たないということを。

つい先日、昔の顧客から電話がありました。一緒に仕事をしたいと言うので、簡単に打ち合わせしました。

彼女は、私が久しく聞いていなかった言葉を口にしました。「また連絡するかもしれません」と。 以前にも彼女からそう言われたことはありましたし、実際にちゃんと連絡をくれました。が、今回の電話の最後に、残念ながら同じことを言われました。

電話の途中で、何かまずい事を言ってしまったのでしょうか? いいえ、そんなことはないと思います。彼女はおそらく、私の反応を見ただけで、結局別の人を使うことにしたのだと思います。礼義として、私が気を悪くすることのないように気を遣ったのでしょう。まあ、私が生きている限り、彼女から仕事を頼まれることはないでしょうね。

WhatDoYouWantToCreateTodayもう三十年以上前になりますが、私が絶大なる信頼を置いていたD会計士が、どうしたら世界中の99パーセントの人々よりも上に立てるのか、その秘策を教えてくれました。

彼がアドバイスしてくた秘策を、ここで皆さんにもお教えしたいと思います。

「やると言ったことは必ずやる」 これこそが、成功の秘策です。

この一言に尽きます。これを守れば、お金が入ってくるだけでなく、評判というものを勝ち取ることができるのです。

私の友人C君は、自分のスピーチ会場に私が現れたのを見て、すごくびっくりしていました。あらかじめ、行くと伝えていたのにです。他にも六十人の人たちが行くと約束していました。しかし、実際に現れたのは20人だけでした。もちろん私は行きました。

他の四十人は、約束したにもかかわらず姿を見せなかったのです。彼が私を見てびっくりしたことが、私にはびっくりでした。私は、出席すると伝えましたし、約束を守る男ですから。他の四十人はどうでしょうか?

きっと、この四十人は、「また連絡するよ」という表現と同じノリだったのでしょう。

images-2悪いですが、「忙しすぎて」というのは、決していい言い訳ではありません。「忘れてました」や「ネイルの手入れをしていて」など、もってのほか。私の友人J君は、それはそれは数多くのプロジェクトを抱えていますし、ロンドンに引っ越したばかりのG君もしかり。でも、二人とも、私が会いたいと言えば必ず時間を作ってくれますし、約束通り現れます。大抵、時間より早くそこに着いています。

成功とは、実はそんなに難しいものではありません。誰もが、毎日、成功へ一歩ずつ近づいています。毎日、評判を創り出しています。毎日、誰かがあなた方と仕事をしようかどうか、判断しています。

もっと成功したいですか?

それなら、やると言ったら必ずやるのみです。

 

 

標準
Uncategorized

面白い人間になろうと頑張らないで

面白い人間になろうと頑張らないで  You Are Interesting Enough

2015年11月18日

Unknown copy 6

ダメです。絶対にダメ。 わざわざフェンシングに行ってみたり、エコノミスト誌を読んでみたり、レディ・ガガのワールドツアーの来日コンサートに行ったりしなくていいんです。

そんなことより、自分が人に興味を持つよう努力しましょう。その人の希望や夢、今何をしているのか、などなどに。

皆さんは、そのままで十分面白いですよ。家にこもって昼メロばかり見ているのでないかぎりね。いや、たとえそうであったとしても、どこかに魅力があるはずです。でも、あなた方が本当の意味で面白い人間になるためには、他人に興味を持つことの方が重要なのです。つまり、相手の話に耳を傾け、自分について語りすぎないということです。

かつて、教授会でよく隣り同士になる同僚がいました。決して悪い人ではないですし、実際、彼との間には共通の話題がたくさんありました。英語が話せる人だったので、コミュニケーションも容易なはずだったのですが、彼には、ちょっとした違和感を感じていました。それは、結局、自分のことしか話さないということでした。自分が今何をしているとか、新しいアプリはこんなだとか、政府の委員会や金融機関でした発表はどうだったとか、自分の趣味はどうだとか、自分のゼミはどんなだとか、そんなことばかりなのです。彼が私について何か尋ねてきたことは、ついぞなかったのではないでしょうか。そのことに気がつくまでに、随分時間がかかりました。私って鈍感ですよね。

images-4彼は、確かに面白い人間でしたし、おそらく今でもそうなのだと思いますが、彼と「会話」していると、自分が平べったい人間に思えてくるのです。まるで彼の車に轢かれてしまったかのように。自分が彼の演説の聴衆(一人だけですが)の中のひとりにすぎないという感覚に襲われるといいましょうか。まるで、みてみて~、と自慢する幼児みたいな人でした。私は席を変わり、他の人の隣に座ることにしました。可哀想なことに彼の隣に座る羽目になった人は、早速「アプリ」を自慢されていましたよ。

私には、他にも同僚がいました。彼らは、英語こそ流暢ではなかったものの、会話は一方通行になることはなく、自慢話もほとんどありませんでした。彼らとは、今でも良き友人です。

cross-roads私には、よく集まって語り合う仲間がいまして、みな数々の業績を残してきた人たちなのですが、彼らが実際に何をしているのかを聞き出すのは結構大変です。かつての教え子たちも同じです。

教え子たちは、私に興味を持ってくれていますし、私も彼らに興味を持っている。そういう関係こそが、素晴らしい友情を築く上での基本なのではないでしょうか。

標準
Uncategorized

Dr Tobin Bob Blogging in Japanese Now: 創造する勇気

創造する勇気

おっと。こんな大きなステージに立ったことはないので、落ちないといいのですが。。。

そんなことになったら、勇気を示すことにならないですからね。

本日は、ありがとうございます………

50-something-same-old-thinking

今のおかしかったですか?

おかしかったですよね。

皆さま方は、とてもいい観客ですね。

今日は、お招きいただきありがとうございます。

そして、皆さま、今日はお越しくださいまして、ありがとうございます。

今日お話ししようと思っていることは、ある秘密の言葉についてです。

それは、禁句ともいえる言葉です。

でも、禁句だなどと思わないでください。

偉大な言葉だと思ってください。

私が今日お話ししようと思っているのは、「勇気」についてです。

私は、今までずっと、教師やコンサルタントなど、人と関わる仕事をしてきました。

変化と創造、リーダーシップ、経営など、いろいろな科目を教えてきましたが、2年ほど前から、こんなことを考えるようになりました。

それは、私が教えようとしていることは、実のところ、一体何なのかということです。

私が実際に教えようとしてきたこと、それは勇気についてでした。

私が実際に教えようとしてきたことは、人生における冒険についてだったのです。

素晴らしい偉業を成し遂げること、人々の心を打つような、人々の夢をかなえるような何かをすること、そういうことについて、教えようとしてきたのです。

勇気について、白状しなければならないことがあります。

それは、私が大学院の学生だったころ、一番恐れていたのが、みんなの前で話すことだったということです。

私は、発表するのが苦手な学生でした。

だから、信じてほしいのですが、勇気が出せないというのがどんな気持ちなのか、私が一番理解しているつもりです。

2年ほど前に、私はパートナーと、ご覧のようなアートギャラリーを開くことにしました。

それには、勇気が必要でした。

なぜなら、ギャラリーの名前に、自分たちの名前を使ったからです。

ABCギャラリーなどという名前ではなく、「トビン大橋ギャラリー」と名付けたのです。

「教えることと、コンサルティングと、ギャラリーの違いは何ですか?」とよく聞かれるのですが、私は、「同じですよ」と答えます。

images-4 copy 8

そうすると、みな不思議そうに、「同じとは一体どういうことですか?」と聞いてきます。

私の答えは、教師として、コンサルタントとして、またギャラリーのオーナーとして、私達がしようとしていることは、人を奮起させることだ、ということです。

私達がしようとしていることは、人の人生を変えることです。

私達のアート作品を見てもらう時、こんな風に人を喜ばせたいと考えているのです。

この方をご覧ください。

この方は、青木良太という作家のカップを買ってくれました。

私がうれしかったのは、お金が儲かったからではありません。

この人が喜んでくれたから、私もうれしかったのです。

今日そこで会った学生も、5,6年会っていませんが、いまだに、その学生の人生についてうれしいと感じるのです。

「どうしてギャラリーを始めたのですか?」と聞かれても、自分でもよくわかりません。

ただ、勇気があったのだと思います。

自分の人生で、実はそれこそ、やらなければならないことだったのだと思いますし、昔からやりたいと思っていたことだったのだと思います。

私が人にしようとしていることは、人生において勇気を持つよう励ますことでもあります。

夢を追いかけ、心の声に従う勇気です。

私達の誰にでも、創り出すことができるものがひとつあります。

それは、「評判」です。

人に自分をどう見てほしいか、どうやって見られたいのか、そして、自分自身をどう見たいのか。

こんなことをやるつもりだ、というだけでは、評判を築くことはできません。

実行しなければ、ダメです。

こんなことをしなければならない、とか、こんなことをしてみたいんだ、などと言う人はたくさんいます。

そんなときは、「やってみたら?」「やってみればいいんじゃないの?」と答えます。

というのは、私がつきあいたいと思うのは、実際に何かを実行している人だからです。

何かをやるつもりの人ではありません。

皆さんは、成功はこんな具合だと思うでしょう。

「わあ!上手く行った! ちょろいもんだよな?」

うそばっかり! そんなに簡単には行くわけがありません。

成功って、実際にはこんな具合でしょう。

恋愛と一緒です。

images-3 copy 8

恋愛って、こんな具合ですか?

まさか。恋愛とは、こんな具合ですよね。

あ、失礼、こういう場合もあれば、こういう場合もありますよね。

ビジネスも同じです。

成功への道のりは、実はぐちゃぐちゃです。

特に真ん中がぐちゃぐちゃです。

だから、もしもイチかバチか賭けをしたいと思うのなら、本当に冒険をしたいと思うのなら、実際に勇気を示したいと思うのなら、いいですか、ダルマのようにならなければなりません。

モグラたたきっていうゲームがありますよね。

もぐらが穴から次々と頭を出してきて、叩いて行くゲームです。

6回叩かれても、7回頭を出してきます。

七転び八起きということわざがありますが、そのようにしないといけないのです。

この方をご覧ください。ジェレミー・リンという人です。

バスケットボールファンならずとも有名ですが、この人はハーバード大学の卒業生に何ができるのか、アジア系アメリカ人に何ができるのかについて、人々が持つイメージを変えた人なのです。

真に勇気のある人です。ガッツがある人です。

皆さんにだって、私にだって、できるはず、

私はいつもそう言っています。

今日ここに来る時にも、昔の学生に出会って、話をしました。

私の仕事柄なのか、転職したい、と相談されました。

もっと意味のあることがしたいという相談もあります。

他の人たちと連絡が取りたいという相談もあります。

何かを実際にやっている人と会いたいという相談もあります。

結婚しようと思っている、という相談までありました。

なんでそんなことまで相談されるのかわかりませんが、私は、そういう時は、「やってみたら?」と答えます。

結婚については、相手の人に会ったことがないので、良くわかりませんが。

やってみたらいいじゃないですか。

何か違うことをやってみたらいいじゃないですか。

夢だったことを、やってみたらいいじゃないですか?

非営利団体に就職したいと思っている、と相談もありました。

やってみたらいいじゃないですか? そうでしょう?

いつも私はそういう風に答えています。

そうすると、決まってみんなこう言います。

「でも不安です、不安です、不安なんです~!…..」

失礼しました。

私だって不安です。

みんな不安なのです。

誰もがみんな不安を抱えています。

みんなです。

でも、いいですか、そんなとき私は学生にこう言います。

バスケットボールは得意ではありませんが、不安なんて、こんな風に丸めて、ゴミ箱に放り込んでしまえ、と。

いいですか? そんなものは捨ててしまえばいいのです。

不安と仲良くなって、うまくつきあっていけばいいのです。

私が発表が苦手だと言うことは、すでにお話しました。

信じられないかもしれませんが、私は、不安で不安で仕方なくなることが、しょっちゅうです。

でも、なるべく不安とうまくつきあうようにしています。

ひとまず、横に置いておくのです。

勇気を示したいと思っているならば、もうひとつ、別の手があります。

今日は、目の前に私の生徒が来ているので、緊張しますね。

その別の手とは、できる限り最高の人間を見つける、ということです。

私は、今年、慶應大学を定年退職することになっています。

一人の友人とともにやろうとしている新しいビジネス案について、授業をしたことがあります。

その友人が私に何て言ったと思いますか?

彼は、「やれよ!」と言いました。

やれよ、やれよ、失うものは何もないじゃないか、と。

彼の言ったことは、本当に正解でした。

出来る限り最高の人間を見つけましょう。

私のかかりつけの歯医者さんが、今日ここにきてくださっていますが、あなた方も、できるだけ最高の歯医者さんを見つけましょう。

出来るだけ最高のお医者さんを見つけましょう。

あなたに賛成してくれる人を見つけましょう。

反対する人ではダメです。

どんな仕事においても、「無理です。そんなことはできません。規則ですから」と言う人は必ずいます。

でも、どんな仕事をしていようとも、自分に賛成してくれる人を見つけることが大切なのです。

時間があるかどうかわからないのですが、もう一枚お見せしたいスライドがあります。

片方に「慎重」、もう片方に「勇気」と書いてあります。

ここでお伝えしたいことは、「慎重」から「勇気」へ動くためには、何が必要かということです。

バンジー・ジャンプみたいに、一気に飛ばなくても構いません。

少しずつ飛んで動いて行けばいいのです。

時には、背中の後押しが必要なこともあります。

本日は、皆さんの前でお話することができて、本当にうれしいです。

皆さんの背中の後押しをすることができたでしょうか?

なぜなら、勇気を出せば、世界はもっともっと快適なところになるからです。

最後にもう一言、言わせてください。

それは、私自身へのアドバイスでもあり、皆さんへのアドバイスでもあります。

どんなことをするにしても、大物になって、人生を多いに楽しみましょう。

本日は、ありがとうございました。

標準
Uncategorized

あなたの評判をガタ落ちにする単純な質問

あなたの評判をガタ落ちにする単純な質問

2015 11/4

oops-freedigitalphotos-net-digitalart

個人的すぎる質問はすべきではないということは、誰もが知っていることですよね。でも、知らないわけではなく、就職面接やバーでは、個人的な質問をすることは良くあることです。私自身も、個人的な質問をしてしまうことがありますし、人に個人的なことを聞かれても気分を害することはありません。あまりにも個人的すぎる質問に対しては、ただ答えなければいいだけです。

ここ東京に住んでいる外国人の中には、「どんな男性/女性が好みですか?」という質問や、「お箸は使えますか? 納豆は好きですか?」「どちらのご出身ですか?」のような単純な質問をあまりにも頻繁に訊かれるものだから、もううんざりだという人が結構いるようですが、私は違います。

そのような質問をする人は、ただ親しくなろうとしているだけなのです。ますます人と人とのつながりが希薄になっているこの世の中で、人とのつながりを求める人がいるということは、むしろ素晴らしいことではないでしょうか。

人から言われたことに対して、心外のあまり言葉を失うことも確かにあります。日本にはあまり反発することを好まない雰囲気があるので、そんな場合でも、私は大抵うまく受け流すようにしています。ところが、Hと私がある地元のレストランでイベントを開く計画を立てていたときのことです。そのレストランのアメリカ人マネージャーから二、三日後に連絡をもらうことになっていました。結局彼は、「後でまた連絡します」と言ったきり、二度と連絡してきませんでした。何年も前のことです。

ある日、顧客のオフィスで、そのマネージャーにばったり出くわしました。私は彼に、「あれはどうなっていますか?」と訊きました。彼は、私が何のことを言っているのかさっぱりわからないようでした。そのまま流そうかなとも思ったのですが、その時はちょっとピリピリしていた私は、彼に、例のイベントのことを説明しました。すると彼は、「連絡したものとばかり思っていました」と答えたのです。この男は本気かと私は憤慨しました。彼の記憶力は、リチャード・ニクソン米国元大統領やディック・チェイニー元副大統領に負けず劣らずひどいのか。「忘れていました」と言ってくれた方が、遥かにマシでした。「申し訳ありませんでした」と言ってもらえれば、だいぶ違ったと思います。

彼が職を失ってカンザスに帰ったと聞いても、少しも気の毒には思いませんでした。やると言っておきながら約束を果たさないことによって、自分にとって最も大切な財産である「評判」をどれだけ落とすことになるのか、気づかない人が何と多いことか。人はそれを「気配り」と呼んだり、「ただの顔見せ」と呼んだりするのですが、何と呼ぼうと、そうやって自分の評判を築き上げていくことがいかに大切か、気づかない人が多すぎます。有言実行できるかどうかで、あなたが誠実な人であるかどうかを周りの人は判断するのです。

ここで、「絶対にしてはいけない質問」の話に至るわけですが、それはまさに「評判をガタ落ちさせる質問」といえるでしょう。それにまつわるエピソードを手短にご紹介して、一体どんな質問なのかお話したいと思います。

あるコンサルティング・プロジェクトの獲得を目指して、元同僚が出した提案について、私は二、三時間を費やして目を通しました。そして、質問と提案を書いたコメントを彼に送りました。それに対して、彼からは全く返事がありませんでした。梨の礫(なしのつぶて)だったのです。

「ちょっと厳しすぎたかな?」「コメント、ちゃんと受け取ったのかな?」「具合が悪いのかもしれないな?」などと考えました。私はどう解釈したらいいのか思いあぐねました。一カ月ほど経ってから、彼に一言Eメールを送ることにしました。コメントは受け取ったか、プロジェクトは獲得できたかどうか、尋ねるためにです。

それに対する彼の返信が、まさにこの「絶対にしてはいけない質問」だったのです。

「返信しませんでしたか?」

はあ?

これなら、「返信したものとばかり勘違いしていました」と言う方がずっとマシです。責任感の欠如を露呈させるだけではなく、相手に責任をなすりつけようとする卑怯な手ではないでしょうか。彼の返信を受け取ったかどうか、今度は私が考えなくてはならなくなってしまいます。私は唖然として、二の句が継げませんでした。彼はそういた後、結局プロジェクトの獲得は成功し、忙しかったんだと言い訳をしました。

彼が顧客との打ち合わせ中にこの質問をしないことを、顧客のために祈るばかりですが、恐らくこの祈りは通じないものと思います。なぜなら、このようなパターンは繰り返されるのが常だからです。

私たちが使う言葉、尋ねる質問、話す内容は、言葉以上のものを相手に伝えます。それらは我々の人間性を象徴するものだと言えましょう。

Unknown-4 copy

ご自分の評判を上げたいですか? 出世したいと願っていますか? 

でしたら、ぜひ肝に銘じて頂きたいのです。誰かに「後で連絡します」と言ったのなら、その約束を絶対に守ってください。

「返信しませんでしたか?」などと、絶対に口にしてはいけません。その質問をしたら最後、あなたの周りにいる素晴らしい人たちが、今後あなたを相手にしなくなるでしょう。

(写真)評判

標準
Business CommunicationLife PurposeUncategorized

やあ、僕はボブ。エール大卒さ。

やあ、僕はボブ。エール大卒さ。

 

私の名前は本当にボブです。でも、エール大卒ではありません。キャンパスに行ったことすらありません。実は、ハーバード大には行きました。といっても、2,3回行ったことがあるだけですが。僕の出身地から近かったですからね。実際は、ある一流大学の基幹経営人材育成プログラム(EDP: Executive Development Program)を修了しました。でも、だからといって、そのことを自慢したりはしません。

yale-picks-up-some-shares-of-jp-morgan-chase

一流大学を卒業した人はたいてい、自分の学歴を吹聴することはめったにありません。どちらかといえば、控え目です。あえて言う必要がないのです。その慎み深さや知性、自信は、内面からにじみ出てくるのです。

 

最近、ニューヨークのある医師が、私どものギャラリーを訪ねてくれました。私がボストン出身だと伝えると、彼女は、ボストンの医学校に通ったんですよ、と言いました。その言い方から、すぐにハーバード大だとわかりました。後で、他の人に確認しました。

 

最高学府を出ていても、そのことを自慢しない彼女は、とても上品だと思いました。

 

初めて出会った人が、挨拶の次に学歴のことを口にすると、いったいこの人は、他に何か価値のあることをしていないのかと思ってしまいます。もし、自慢できることが何年も前にどこの大学を卒業したことぐらいしかないのなら、いいかげんに何か他のことを始める必要があります。

 

つまり、今の生き方が充実しているということ、今の自分を大切にしているということが大事なのです。

 

つい先日、あるイベントに行き、新しい出会いがありました。その人は画家でした。

 

彼は、あいさつの次に、「僕はエール大で美術修士号を取りました」と言ったのです。

 

すごいですねえ、と感心すべきだったのしょうか? 正直言って、だから何、という気持ちになりました。私が知りたかったのは、彼が現在どんな仕事をしているか、ということなのです。何が彼の創作意欲をかきたてるのか、彼の夢は何なのか、作品や彼自身がどのように成長し、変わってきているのか、そういうことが知りたいのです。

 

大学のネームバリューを利用したくなる気持ちもわからなくはないですが、仕事で成功を収めている誠実な人には、そんなものは必要ないのです。

 

確かにその気持ちはわかります。自分のアイデンティティの源だということも。私は長年、日本の一流大学で教鞭を取ってきましたが、私が人と出会って自己紹介するときは、自分のことを物書きであり、コンサルタントであり、ギャラリーのオーナーであり、犬のオーナーです、と言います。「○○大学の元教授です」とは言いません。それは嘘ではありませんし、現在の自分の一部でもありますが、今の私の姿ではないからです。

 

皆さんには、今の自分の姿に満足し、「ボブと申します」、あるいはヨシです、グレースです、でも何でもいいのですが、そう自己紹介したら、あとは話を共有する喜びを経験していただきたいと思うのです。

 

子供の頃、サマーキャンプに参加したのですが、そのキャンプの責任者が、自分は若い頃はムキムキのスポーツマンタイプのイケメンだったと自己紹介しました。私は子供心に、ヘンな人だなと思いました。最初の印象が悪かったのですが、追い打ちをかけるように、昔の写真を見せびらかされて、辟易したのを覚えています。

 

ティーパーティのテキサス州上院議員テッド・クルーズ氏は、ハーバード大卒です。でも、彼はハーバードの恥です。ハーバード大卒と聞いたからといって、どうしようもない人間だという印象は変わりません。

 

とにかく、私は過去のあなたに興味はありません。現在のあなたに興味があるのです。あなたが過去に何をしたかではなく、今何をしているのかが知りたいのです。

 

自分のことをどのように話すか、他の人達がどのように自分たちのことを話すか、ちょっと気にしてみてください。

 

過去について話していますか? 昔の経歴や、昔はどうだったとか言っていますか?

 

あなたの学歴がすごいからとか、昔やっていた仕事が素晴らしいからという理由で、あなたに恋をしたり好意を持ってくれる人が現れたとしても、その気持ちはそう長くは続きませんよ。

 

挿絵上: 成長して、今の自分の姿を認めるには、勇気が必要です。

挿絵下: そのことが当たり前になるには、ただ、そのことを考え続ければいいのです。

標準
Business CommunicationLife PurposeUncategorized

私が初仕事で学んだ夢

私が初仕事で学んだ夢

My First Job:  I Learned About Dreams

 

私がコンサルタントとして働き始めた頃の話ですが、アメリカの職業訓練校のキャリア・ディベロップメント・プログラム(生涯発達プログラム)の大規模な改善プロジェクトという仕事があり、私はカリキュラム作成を担当していました。私は成功したくて必死でした。夢があったのです。全米の学校の学力を向上させるという夢です。全米の学校を訪問して、レベルをあげるには何が必要なのかを探り出すのが私の任務のひとつでした。

images-1

このような現場視察の後は意気揚々と事務所に帰り、同僚と協議して長い報告書を書いたものです。私は学校教育を変えたいという情熱に燃えていました。

 

そのプロジェクトは予定通り、というよりむしろ予定よりも一足早く進んでいました。チームの全員が一日一六時間以上も働き、プロジェクトの完成ために週六日出勤していたのです。あるとき上司がヨーロッパに一か月ほど出張に出かけることになったのですが、その間私たちは残った人間だけで何とかやって行きたいと思っていました。

 

しかし、代理の上司が送り込まれてきたのです。彼のリーダーシップのとり方は、私たち一人ひとりにノルマを課し、毎日特定の枚数の報告書を書かせるというものでした。毎日書いたものを終業時に回収するのですが、彼が実際にちゃんと目を通していたのかは疑問です。

 

これによって、私たちのやる気は完全にそがれてしまいました。夢を追求するために頑張っていたのですが、今や分担されたノルマをこなすだけになってしまったのです。こういう管理の仕方には私たちは本当にうんざりしました。この上司代理は、私たちと顔を合わせることもなく、感想を述べるでもなく、ただノルマをこなしているかどうかをチェックするだけでした。

 

もちろん皆、彼が設定したノルマをちゃんとこなしてはいましたが、多くのスタッフにとって、偉大な仕事を成し遂げたい、教育のために貢献したいという情熱は、消え去ってしまったのです。このノルマを課して監視するという体制は、私たちの夢を台無しにしてしまいました。プロジェクトチームを辞めた人もいますし、会社を辞めてしまった人もいました。自分たちの夢を理解しようとしない会社にいてもしょうがないと思ったのです。

 

この経験を振り返ってみると、品質の評価基準がないままノルマの達成だけを重視することになった結果、仕事の品質に悪い影響が出たのは確かです。威圧的な管理体制があったとしても、夢を追い続けることはできたかもしれない、と今となっては思うのですが、当時は目標を達成することに必死で、夢どころではなくやる気がそがれてしまったのです。

05

組織において、ひたすら目標達成だけに専念させることは、信頼関係の欠如の表れです。目標を設定するのは、信頼を築くことよりもはるかに簡単なのです。

 

組織の中に信頼関係が築かれていれば、わざわざ目標を設定したり、目標を達成できているか監視するシステムを作ったりする必要はなくなります。私が常に夢を持ち続け、夢を貫きとおすことができる仕事をしようと決意したのは、その初仕事のときだったのです。

 

私はいつも顧客の方々に、夢は何ですかと尋ねることにしています。夢は魂と生きがいに通ずる大事なものだと信じているからです。

標準
Business CommunicationLife PurposeUncategorized

退社時に贈られる最高の言葉

退社時に贈られる最高の言葉

The Number One Best Thing To Hear When You Leave A Job

 

仕事をやめるとき、または一時解雇やクビ(この言葉がまだ使われてるとしたら)になったとき、みんなからこんな風に言われるはずです。

 

「あなたがいなくなると寂しくなるわ」

 

あるいは、

 

「君がいなくなるとこの職場は変わってしまうな」

 

Unsubscribeあなたが物凄くイヤなやつではないという前提の上での話ですが。

 

たとえ嫌われ者であったとしても、一応社交辞令で[そしてさっさと追い出してしまうために]、上記のようなセリフを聞くことでしょう。

 

私自身が職場を去ることになったときも、どちらのセリフも言ってもらいました。「契約が更新されなかった」ところでさえも。

 

こう言ってもらえると悪い気はしないものですが、誰でも言ってもらえるさようならの挨拶がわりなのです。要は、社交辞令です。

 

また、こんな風に言ってもらえたら尚うれしいですね。

 

「素晴らしい退職手当が出ますよ」

 

現金、それも多額の現金をもらえたら、他の仕事に移るための軍資金にもなります。

 

でも、何よりもうれしい最高の言葉は、こうです。

 

「君の代わりはいない」

 

 私が転職するとき、最初の三つのセリフは言われたことがありますが、「君の代わりはいない」とは必ずしも言ってもらえませんでした。

 

コンサルティングや企業幹部のコーチングの仕事を何年かやってきて思うのは、「君の代わりはいない」というのが最後に贈られる最高の言葉だということです。

 

理由ですか? それは、あなたにしかできない貢献をしてきたことを皆が認めてくれたことの証だからです。他の誰にも与えることのできない価値をあなたが供給したことを意味します。つまりあなたは自分の強みを認識して、業務にあなたにしかできない能力を発揮したということです。

 

スポーツの世界では、何かで「一番」になることで、容易に認識できるでしょう。ジャッキー・ロビンソン選手や野茂英雄投手、ジェレミー・リン選手、ビジネス界やショー・ビジネスの世界では、スティーブ・ジョブスやウーピー・ゴールドバーグ、ドラマ「ザ・ソプラノズ」の主人公などがいい例です。

 

でも私の顧客の中にも、そういう人がたくさんいました。日本の二つのホテルチェーンを一つにまとめた方や、ある高級ブランドを立ち上げた方。ベンチャー・キャピタル企業を2,3か月で辞めて、新規事業を始めた私の教え子。私のパートナーである大橋人士氏もそのような人たちの中のひとりです。彼の写真の作品のみならず、その眼識と人格を愛するファンが大勢います。

 

あなたもそのひとりになれるかもしれません。そんなに大変なことではないのです。それには、少しの勇気を持って何かを始める必要があります。それから所属している組織のニーズを探り当て、ためらうことなくそのニーズに寄与する働きをしなければなりません。

 

自分自身と組織に対する夢を持たなければなりません。自分の会社の戦略の弱いところを見つけ、どこに価値を付加できるか判断できるようにならなければいけないのです。

 

何か例外的なことをしなければなりません。言い訳は禁物です。自分の夢が導く方向へ進むのみです。

 

どんな結果が待っているでしょうか? 大きな変化をもたらしたという満足感が待っているでしょう。

images-4

あなたの遺産の一部となるであろう足跡を残すことになります。

 

そうなれば、職場を去るときに贈られるどんな言葉よりも素晴らしいご褒美となるでしょう。

 

でも、もし「君の代わりはいない」と言ってもらえたなら、生涯配当金がもらえる年金をもらったのと同じぐらいの大きな価値があるのではないでしょうか。

 

標準
Life PurposeUncategorized

新年の抱負ご無用。今こそ夢を抱くべし

新年の抱負ご無用。今こそ夢を抱くべし

Remember your NY Resolutions?  Forgot Them?  It’s OK.  Now Is the Time to Dream.

私に新年の抱負を聞く人はあまりいません。たぶん私のことをよく知っている人は、私が新年の抱負を持たない主義だということを知っているからでしょう。

082db7f

新年の抱負とはいわゆる目標設定を意味するのですが、私自身あまり目標設定に重きを置いてきませんでした。目標とか目的とか呼び方が違うだけで、どちらも似たようなものですが、なぜ人はわざわざ自制や監視、そして失望の繰り返しである難行で自分を苦しめようとするのでしょうか? 今年こそダイエットしようとか、昇給を目指そうとか、転職しようとか、恋人を見つけようとか、もう一匹子猫を飼おうとか、もっと観賞用植物を買おうなどなど、目標はさまざまでしょう。

 

でも、ちょっと視点が低すぎませんか? あなたの人生は、そんなに小さいものなのですか?

 

もっと夢を抱こうではありませんか。私がいつも言っているように、大きな夢を抱くのです。人生こうありたいという夢を描くのです。

 

私はかれこれ三〇年間にわたりビジネススクールで教えてきましたが、とうの昔に目標設定で時間を無駄にするのをやめてしまいました。そのかわりに夢を抱くことにしたのです。本当です。夢見ることは時間の無駄だと言う人もいますし、夢なんか見てるんじゃないと叱る先生もいます。

 

大学院生だった頃ある教授から、君は夢想家だねと言われました。そのときは侮辱されたと思いましたが、今ではあれは褒め言葉だったと思っています。

 

私は夢想家です。夢を抱いて、それを実現するために努力しているのです。

 

夢を抱くと、人生に目的が生まれます。魂と思考がつながります。

 

Unknown copy 2人はなぜ、夢を抱くのはもう少し後にしようとか、今ではなく隠居してからにしようと思うのでしょうか。私には理解できません。この経済情勢のご時世では特に隠居できるなどという保証はありません。経済情勢を考えなくても、人の人生はいつなんどき途切れるかわかりません。息を引き取るのと同時に夢も死ぬのです。

詩人、ラングストン・ヒューズはこう言っています。

 

「夢を先延ばしにすることは否定することと同じである」と。

 

だから私は、新規の顧客に夢は何ですかと尋ねることにしています。夢はと聞かれると、目標は何かと聞かれるよりも答えるのが難しいものです。ですが、夢こそ前へ進むための推進力となるという信念があります。夢こそ精神や魂に通ずるものなのです。私はソローの言葉を借りて人々にこのようにお話ししています。

 

「あなたの夢の導く方へ、自信をもって進みなさい! 思い描いたとおりの人生を歩むのです」

 

こんな風に夢を語る人は稀かもしれませんし、全く語ることなどないという人もいるでしょう。目標や抱負を語る方が簡単ですから。ある特定レベルの収入を得ることやCEOになること、メルセデス・ベンツを買うことなどは目標や抱負といったものです。そういうものは夢ではありません。夢というのはもっと大きなものです。もっと人生をかけた夢を抱いてほしいのです。

 

夢とは、あなたの仕事とあなたの価値観がそろったときに人生はどうなっているかという人生設計を描くことです。

 

夢を定義づけるとしたら、出世やライフスタイル、場所、価値観、願望などを含めて、自分の人生がどうあってほしいのかを思い描くことです。夢はライフスタイルや出世に大きく関係しています。夢によって、仕事や人生に魂が宿るのです。

 

私は学生たちにも最初の授業の日に夢は何ですかと尋ねることにしています。そうするとことによって学生たちには、私の授業は簡単に答えが出ない、自分としっかり向き合うことが要求される授業なのだということがはっきりと伝わります。夢はあとで考えますと答える学生もたくさんいますが、私は彼らに――そして読者のみなさんにも――今すぐ夢について考えてほしいのです。

 

今ここで、自分の夢について考えてみてください。書き出してみてもいいです。夢を宣言することを恥ずかしがらなくてもいいのです。「不可能だよ」と決めつけるのは早計です。自分が思っているよりもずっと実現可能性が高いかもしれないのです。現実的ではないと批判する人は次々に現れるでしょう。そういう人の言うことは聞かないことです。なんでも否定したがる人たちがいますから無視してください。

他大学の友人曰く、夢見ることは私生活とビジネスライフを結びつける便利なツールだとわかったそうです。自分の価値観に合うコミュニティの一員になることを夢見たり、何らかの形で他人の人生に貢献したいと夢見たりする人もいるでしょう。

 

あなたはいかがですか? あなたの夢は何ですか?

 

夢を持つことによって、モチベーションを維持し、長期的な視野に立ち、柔軟性を持ち続けることが可能となります。夢を持ち続けることによって、安易にあきらめることがなくなり、障害を克服する方法を見つけることができ、順応する能力が身に付きます。

 

あなたは何を夢見ますか? 好きな人に囲まれて暮らすことですか? あまりストレスのない生活ですか? 自分の時間がもっと持てるようになりたいですか? お金の心配のない生活ですか? 愛する人と暮らすことですか? それとも人のために尽くすことですか?

 

夢を見ようとしないあなたは、覚悟してください。命と同じぐらい大切な何かを見失ってしまうかもしれませんよ。

 

ほんのちょっとの間だけなら、夢を保留にするのもありかもしれませんが、夢を軽視することが長期間に及ぶ行動パターンになってしまうと、仕事上で理想の人生を創り出すことはもはや不可能になってしまうでしょう。

 

健康的なボディを作る手助けをする仕事が夢だと言いながら、いまだにお客様サービスセンターのカウンターに座っておやつを食べながら太り続けているそこのあなた。あなたの夢は一体どこへ行ってしまったのですか?

 

コンサルタントとしても、教授、そして物書きとしても、私にできる一番重要なことは人が夢見ることに手を貸し、その夢を実現するお手伝いをすることです。夢がかなったときは――かなうのは確かなのですが――もっと大きな夢を抱けばいいのです。

 

いいかげん自分を見くびるのはやめましょう。新年の抱負などというくだらないものは必要ありません。そして夢見ることを始めようではありませんか。夢の導く方向に進んでいくのです。

 

その夢をずっと持ち続けてください。どんな目標や抱負を書くことよりも重要です。そして、忘れないようにしてください。

 

標準
Business CommunicationLife PurposeUncategorized

次のマルコム・グラッドウェルは、あなたかも?

次のマルコム・グラッドウェルは、あなたかも?DreamBigger02 copy 3

 

マルコム・グラッドウェルという名前はご存知ないかもしれませんが、彼の著作名なら聞いたことがあるはずです。

 

『第1感「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい(Blink)』『天才! 成功する人々の法則(Outliers)』『急に売れ始めるにはワケがある(Tipping Point)』『マルコム・グラッドウェルThe New Yorker 傑作選(What the Dog Saw And Other Adventures)』はどれもベストセラーとなりました。私も大ファンで、皆さんもぜひ読まれることをおススメします。

 

 

彼の新作『ダビデとゴリアテ(David and Goliath)』はすでにベストセラーのトップを走っています。私も絶対に読むつもりです。

 

というわけで、今回のブログのタイトルと相成りましたマルコム・グラッドウェルとは、どのようなことをしているのでしょうか?

 

1.誰もが知っている物語を取り上げて、全く新しい解釈をする。

2.読者を奮い立たせる。読者に、物事を違った角度から見るように促し、考えさせる。

 

ポール・リビア物語? 彼はポール・リビアの良い点とその影響に焦点を当てて伝記を書き直しました。英国の進撃は、ポール・リヴィアに影響力とカリスマ性があったためだった、と述べています。

 

ダビデとゴリアテ? 単に少年が巨人を打ち負かす話ではありません。優れた技術、つまりパチンコの勝利の話なのです。

 

もうお分かりでしょう。

 

もし皆さんが次のマルコム・グラッドウェルになろうと思ったら、以下のようなことをしなければなりません。

 

1.本をたくさん読むこと。たくさんの物語を頭に入れること。

2.従来の解釈を鵜呑みにしないこと。

3.有名な物語に全く違った解釈を考えること。その新しい解釈から得られる教訓を明らかにすること。

4.似通った物語や出来事の中にあるパターンを見つけること。

5.強くなること。ひたすら強くなること。

 

初めのうちは人から頭がおかしいんじゃないかと言われるのを甘んじて受けてください。マルコム・グラッドウェルの小学校の先生たちは大変だっただろうと思いませんか? 先生が生徒たちに何か話をしても、マルコムが全く違う解釈をしてしまうのですから。先生方はたまったものではなかったでしょう。でも彼は耐えました。皆さんも耐えなければいけません。

 

6.物語の全く新しい別の解釈を人々に伝えること。

一対一で、また友人や先生に、あるいはテレビに出演したり本を書いたりして、とにかくできる限りの手段を使って人々に伝えましょう。皆が学ぶ手助けをし、奮起させて楽しませるのです。

 

さあ、すぐに始めましょう。

 

でももし次のマルコム・グラッドウェルになれなかったらどうしたらいいのでしょう?

 

上司にあなたの物の見方を伝え、パートナーにあなたが発見したニッチ市場(市場のすき間)のことを話しましょう。有能なコンサルタントになれるはずです。自分の考えを聞いてくれる人を自分で探すのです。

 

lightbulb_idea[1]先生や教授になることもできます。人の物の見方を変えることができるのです。世界を変えるための一歩を踏み出していることでしょう。

 

以上が、グラッドウェルの本の一番良い部分だと思う点です。彼は読者に全く別の新しい観点から物事を見ることを勧めています。

 

そうすることによってどのようなご褒美が待っているのか、実例を示しています。

 

彼は、他の人々とはまったく違った見方であったとしても、自分自身の世界観を信じるよう鼓舞してくれるのです。

 

初めのうちは、人はあなたのことを気が狂ったと言うかもしれません。でも最後には、開拓者とか天才とか呼ばれるようになるかもしれないのです。

 

もし次のマルコム・グラッドウェルになれなかったとしても、自分の知識を大きく広げるための一歩を踏み出し、大きく前進したことになるのです。

 

 

 

 

標準
Business CommunicationLife PurposeUncategorized

暮らしのキュレーターとしての六か条

暮らしのキュレーターとしての六か条 

私の友人Jが、先日訪ねてきて、耳慣れないことを言いました。

「君の暮らしぶりは、キュレーターのようだね」と。

This comes with curating

私は、自分や他人の生活をそういう風に考えたことはありませんでしたが、その考え方がたいそう気に入りました。友人の訪問以来、キュレーターという考え方は、自分の生活を考える上で素晴らしい方法なのではないかと思い続けています。

美術館や画廊の館長(キュレーター)が、展示するのに最適な作品を選定するのと同じように、私たちは皆、自分の生活に展示するのに最適な品、場所、人を選ぶことができるのです。

美術館や画廊の館長は、決してガラクタを選びません。貴方達もガラクタは選ぶべきではないのです。

自分の暮らしに関わる事は、何であっても、最高のものを選ぶべきなのです。高価である必要はありません。実際のところ、ガラクタをたくさん買い込むよりも安上がりかもしれないのです。

貴方も、自分の暮らしのキュレーターになりたいですか? それならぜひ、次の六か条を試してみてください。私にとっても、生活を管理する上で、重要な要素となっているものです。

第一条    最高の食べ物を食べましょう。

ジャンクフードはダメです。ということは、ポテトチップスもダメですし、ファーストフードもダメということです。肉類を減らしましょう。アメリカの作家、マイケル・ポラン氏はこう書いています。「腹八分目を心がけ、野菜中心の食生活を送りましょう」と。

私自身、ソフトドリンクやマクドナルドは封印しました。ステーキを食べると頭痛がします。自分の体に悪いとわかっているものを、どうしてわざわざ食べるのでしょう? 最近、健康診断を受けに行ったのですが、コレステロール値が2か月で20ポイントも下がりました。うれしかったですね。

また、食べ物がどこからやってくるのかも気にかけるべきです。私は、フォアグラやフカヒレスープは食べないことにしています。自分のために、がちょうが肥満にさせられるなんて嫌ですし、サメもヒレを切り取られて海に投げ戻されるなんて、我慢できないからです。ウォールマートでも買い物はしないようにしています。ウォールマートの従業員の扱いはひどいと思うので、ウォールマートには一銭たりとも渡したくありません。

第二条    お気に入りの場所に住みましょう。

 

心に潤いを与えてくれる町に住むことです。行きたいと思うイベントや場所がある町に住みましょう。大学院時代の友人は非常に保守的な町に住んで居て、二十年以上もの間、引っ越したいと思い続けていました。最終的には引っ越したのですが、休暇だけが生きがいの生活を二十年間も我慢し続けたのです。

確かに、インターネットの発達した今日では、コンピュータがあればほとんど何でも見つけることができます。でも、やはり本物とは違います。

交響曲が好きなら、コンサートホールが近場にあるところに住みましょう。私は映画が好きなのですが、うれしいことに今の家から徒歩圏内に映画館が2軒あります。

家に帰るのが楽しみになるようなアパートや家を選びましょう。ホテルの部屋にも同じことが言えます。節約したいからといって、たとえ2日間でもしけたホテルに泊まる必要はありません。

三条 貴方の家を自分の城にしましょう。

ガラクタや散らかった物を処分しましょう。座り心地の良いソファを置いてください。ダイニングテーブルに物を積み上げるのもダメです。そして、最高の食器で食べるべきなのは、家の主である貴方です。お客さま用にしまっておく必要はありません。紙皿など、もっての外です。

 

家具はそんなにたくさんは必要ありませんが、自分のライフスタイルに合った家具を選ぶべきです。我が家では、バルコニーがお気に入りの場所で、食事をしたりおしゃべりをしたり、犬と遊んだり、かなりの時間をそこで過ごします。バルコニーに置いている屋外用の家具が、大活躍しています。

 

壁には、アートを飾りましょう。美術館の館長の話をしたところだから、画廊のオーナーだから言っている訳ではありませんよ。私がこう言うのは、アートは生活の質を向上させてくれるものだと固く信じているからです。アートは、創造力を掻き立て、幸福感を増してくれるものなのです。家に帰れば、アートが迎えてくれる生活というのは、気分の良いものです。

 

植物もいいですよ。私はサボテンが大好きで、バルコニーにたくさん置いています。

 

第四条 自分に似合う服を選びましょう。

 

カラフルで、気分が良くなるような服を選びましょう。

 

タンスの肥やしになっているような絶対に着ない服や着られなくなってしまった服はさっさと処分してしまいましょう。気に入った所に引っ越すたびに、要らない物を捨てるか、人にあげるか、時間があればネットオークションで売ってしまいましょう。

 

きつすぎる服やゆるゆるゆるの服など、合わない服を着る必要はありませんし、足が痛くなるような靴や、磨いたことのない靴を履く必要もありません。

 

身なりが整うと、気分も良いものです。タンスの中を整理しましょう。センスがないのなら、友達に助けてもらいましょう。私自身、ファッションセンスはあまりない方なので、Hにアドバイスをもらっています。

 

私と同じぐらいの年格好で、お腹のボタンがはち切れそうなシャツを着ていたり、ズボンがずり落ちてお尻の割れ目が見えてしまっているような人を見かけたら、私はなるべく避けて通るようにしています。

 

第五条 嫌な人とは縁を切りましょう。

 

好きでもない人や信頼できない人、また貴方のことを評価してくれない人とつきあわなければいけない理由はありません。自分にとって最高な人とつきあいましょう。嫌な人と縁を切れば、良い人が現れます。しばらく時間はかかるかもしれませんし、一気にばっさりと切り捨ててしまう必要はありませんが、心から一緒にいたいと思う人たちとつきあうべきなのです。それはつまり、イエスと言う時は言う、でももっと大事なことは、ノーと言うべき時はきっぱりノーと言う、ということを意味します。

 

私が本の出版契約が取れたのは、最高の編集者と最高のエージェントを見つけたことが大きかったと思います。かつては、私の著書をあまり気に入っていない編集者と仕事をしていました。一体、なぜ彼女と仕事してたのか、今となっては不思議です。 彼女と縁を切った途端に、良い編集者が現れました。

 

親戚にも友達にも、同じことが言えます。好きだと思えない人と一緒に時間を過ごすことはありません。感謝祭やクリスマスの時でさえ、です。

 

人当りは完璧で知的ではあるけれども、信頼できない友人や過去に囚われすぎている友人とは疎遠にすることにしました。昔の恋人の写真を取り出して、まるで今でもつきあっているかのように見せびらかす人もいましたが、その人は、前に進むことができずにグズグズしていたので、結局、私から去ることにしました。

 

私たちの画廊の顧客にも同じことが言えます。顧客が私たちを選ぶように、実は私たちも顧客を選んでいるのです。私たちの仕事を十分に評価してくれる人に買ってほしいと思っているのです。

 

第六条 好きな仕事をしましょう。

 

嫌いな仕事で苦しむ必要はありません。時間は限られているのですから、好きな仕事をして過ごすようにしましょう。確かに、お金を稼がなければなりません。

 

しかし、自分の仕事やそのやり方が、エネルギーを奪い、消耗させてしまうようなら、そろそろ変え時なのではないでしょうか。ここ東京で出会う人たちは、会議でスケジュールが埋め尽くされています。トイレに行く時間もないのではないかとびっくりします。彼らはいつも忙しくて、彼らの行動を見ていると、まるで変える力も残ってないかのようです。

 

読書が好きなら、本を読んでください。貴方が好きなこと、喜びをもたらしてくれることなら何でもいいからやってください。もちろん、嫌でもやらなければいけないこともあるでしょう。歯医者に行ったり、食器を洗ったり、アイロンをかけたりというように。でも、そういう事はすべて、自分の面倒を見ることだと思えば、楽しく思えるようになるものです。

 

以上の六か条をぜひ試してみてください。始めるのは今日です。人から、最近どうしてる?と訊かれたら、自分の生活の管理をしている、と言ってください。

 

最高の人たちなら、その意味を理解してくれるでしょう。

 

もし、それはどういうことか?と訊かれたら、「暮らしてる、ってことですよ」」と答えればいいのです。

 

本当の意味での暮らしです。

 

 

 

 

標準